色素沈着の様々な原因について

色素沈着,気になる,ケアと治療法

色素沈着には、色々な種類があるということをご存知でしょうか?

代表的なものであれば、日焼けやヤケドがありますし、ニキビなどの肌に炎症や傷ができたものがキレイに治らなかったものも色素沈着といわれます。
服などの摩擦でできる色素沈着もありますし、ホルモンバランスが原因で色素沈着を起こすこともあります。

 

ほとんどの場合、肌に何かしらの炎症が起こると、それが治っていく過程で色素沈着を起こすことになります。
原因も様々ですし、それぞれの原因によって色素沈着が起こる体の部位も様々です。
もちろん、個人差で程度にも変化がありますし、治りやすさにも違いが出てくるのは仕方ないことですが、すぐに直る色素沈着があれば、なかなか治らない色素沈着というのもあることは知っておいてください。

 

また、色素沈着の原因の中には日焼けなどある一定の特殊な環境で起こるものもあれば、普段の生活の中で摩擦などが日常的に起こっていることが原因で発生する色素沈着もあり、この場合には前者よりも治すことが難しいとも言えます。

 

色素沈着の中には種類が様々あり、治す方法も部位や程度によってそれぞれ適したものがあるわけです。
市販の薬などでどうにかできるもの、皮膚科で診察を受け治療法に関しては医師から指示を受けるという方法でないと治すことができないもの・・・。
自分で程度や治し方を判断することはなかなか難しいので、気になる色素沈着ができてしまった場合にはまず皮膚科で診察を受けることが1番良いと言えます。

ハイドロキノンはどれだけ役立つの?

ハイドロキノン,どれだけ役立つ?

色素沈着に圧倒的な効果があると高い評価をされているのが“ハイドロキノン”です。

ハイドロキノン自体、肌の漂白剤というあだ名がついているくらいですから、このあだ名を知っている人はどれだけハイドロキノンが色素沈着に治療の効果を与えてくれるのかということが分かるのではないでしょうか?

 

ハイドロキノンが何故色素沈着に効果があるのかというと、それはハイドロキノンがメラニンを生成する働きを抑えてくれるからというのが大きな理由になります。
それだけを聞けばビタミンCとさして変わらないと感じるかもしれませんが、ビタミンC以上に効果があるポイントがあり、それが“既にできてしまっている色素沈着を消せる”というものです。
ちなみに、ビタミンCに関してはメラニンの働き・生成を抑えて色素沈着を予防することはできても、既にできてしまっている色素沈着を消す力はないといわれています。

 

メラニンの個体数そのものを減らすことができるハイドロキノンは、だからこそ肌を漂白してしまうというだけの力があるということになるのです。

 

ただし、強い効果があるだけあって使用時に気をつけないといけないこともあります。
例えば、ハイドロキノン自体が非常に酸化しやすいという性質を持つことから、肌に使用したらまず紫外線に当たることは徹底的に避ける必要があるということ。
また、あまり濃い濃度のものを使うといわば肌が“漂白されすぎる”状態になってしまい白斑ができてしまうリスクが高まるということ。
これに関しては国内で、ましてや皮膚科医などで処方されるものに関しては安全な濃度のものしか処方されないことになっているので不安視する必要はないと言えます。
海外からの製品を自分で通販などで手に入れようとした際には濃度が5%以下になっていることを必ず確認しなければなりません。

 

効果は絶対だけれど使いかたにも細心の注意を払わないといけない、それがハイドロキノンなのです。
初めて使うという人は、まず皮膚科医で相談すべき製品であるとも言えます。
参照ページ:ハイドロキノンによるデリケートゾーンの黒ずみ解消の危険性

 

一般的な治療はレーザーですが・・・

 

ハイドロキノン,どれだけ役立つ?

色素沈着がどうにも目立ってしまって仕方ない、どうにかケアして目立たなくしたい、消してしまいたいというときには、自分でケアをすることが大事ですが、それでもどうしようもないというときには、病院に頼ることになります。

 

病院では、薬を処方するだけではなく実際に院内で治療を行う方法というのもあります。
色素沈着している部位や、その原因、程度によって医師と相談して治療方法を決めていくというのが一般的であり、手軽にできる治療であればケミカルピーリングなどが挙げられますが、程度が重たい場合などには現在ではレーザー治療を用いる場合が多いです。

 

ただし、このレーザー治療がくせものなので要注意です。
というのも色素沈着をレーザー治療でなくすとなった場合、その色素沈着の原因によって保険が適用されるか、自費負担になるのかというのが変わってくるからなのです。
原因が何らかの怪我や皮膚の病気などによるのであれば保険は適用になりますので、1回の治療で高くても2万円程度で済むでしょう。
ですが、これが日焼けが原因であったり加齢によって現れてしまったものであると、保険は適用されず100%自費負担となるので何十万円ものお金がかかってしまうことがあります。

 

また、“○回までは保険適用”と保険が適用される回数の上限が決められている場合もあります。
この場合、その回までは保険が適用された料金となりますが、その回数が終わった時点でまだ結果に納得がいかないようであればその先は100%自費負担で施術を行ってもらうようになります。

 

現在では、本格的に色素沈着をなくすのであればレーザー治療が1番効果があるのですが、こういった点に気をつけないと治療にかなりのお金がかかってしまうことがあるので気をつけましょう。

 

美白化粧水で色素沈着は消せるのか?

 

ハイドロキノン,どれだけ役立つ?

様々な原因でできてしまった色素沈着に悩んだとき、最初に試してみる人が多いのが“化粧水”です。

最近では美白に効果がある化粧水が多くあり、それぞれが色素沈着にも効果を発揮してくれるということもあり、選びたい放題であるのが現状でもあります。
とはいえ、美白効果があると謳われている商品であれば必ず色素沈着に効果があるというわけでもありません。
ここでいう美白というのは、色素沈着を落とすということだけではなく、肌に透明感をプラスして白く透き通った肌を手に入れるという目的も含まれており、この場合には色素沈着を落とす効果はない場合も少なくないのです。

 

色素沈着を落とすのには美白化粧水とはいえ、成分に着目して選ぶことが重要です。
色素沈着を薄くするのに効果があるのは、ハイドロキノンやトレチノインが配合されているもの、ビタミンC誘導体が含まれているものなどです。
これらであれば、色素沈着の原因であるメラニンの働きを抑えることができたり、肌のターンオーバーを促進することができたりするので、色素沈着を薄くするためには非常に効果があるのです。

 

とはいえ、正直なところ美白化粧水だけで色素沈着をなかったことにできるのかといえばそれはそうではありません。
化粧水だけで消せる色素沈着は、できたてであったり程度が薄いものに限られてしまいます。

 

ただ、肌に水分や透明感を与えることで当初あった色素沈着を薄く“見せる”ことは可能です。
肌に水分が不足してしまっているとどうしても肌のキメが粗くなり、透明感が失われ、そして色素沈着も目立ってしまいます。
その点を考えると、美白化粧水で“色素沈着を薄くする”ことは可能であるということにもなります。

 

ただし、本当の意味で消せているわけではないということをあらかじめ理解しておくようにしましょう。

» 続きを読む

  • 2015/10/30 14:53:30

お尻の色素沈着・・・ケアは意外に難しい

お尻,色素沈着,ケア,難しい

お尻の色素沈着は、普段はあまり人に見られる部位でもないですし、自分でもチェックしづらい場所なので気にしない人が多いものです。

ですが、いざ恋人ができたり、夏になって海やプールに行くことになったときにふと自分のお尻が黒ずんでいることに気づいてしまうことが多々あります。
実は、お尻がきれいな人というのは非常に少ないのが本当のところなのです。
というのも、お尻は非常に黒ずみやすい部位だからなのです。
デリケートゾーンも皮膚が薄く、下着やナプキンとの摩擦によって色素沈着が起こりやすい箇所であり、メラニンの影響を受けやすい箇所であると言われていますが、お尻の場合も外部からの摩擦や刺激によって黒ずみが出てしまう部位なのです。

 

デリケートゾーンと全く同じ皮膚というわけではありませんが、お尻の皮膚も非常に薄く柔らかい質感をしています。
しかも、イスに座ったり寝ているときに圧迫されることが原因で色素新着を起こしてしまいやすいのです。
とはいえ、座ったまま仕事をしている人は座る時間が自然と長くなってしまうわけですから、座らないというのはできないでしょう。
そのため、ふかふかのクッションを置いてその上に座って少しでもお尻に硬いイスの面が当たらないように注意するなどお尻が圧迫されてしまう頻度、度合いを緩めてあげれば良いのです。

 

下着の摩擦でも、ベッドに横向きに寝たり、脚を組んだりすることでも、お尻が圧迫されたり擦れたりして色素沈着を起こす原因となってしまいますので、脚は組まない、片側のお尻だけ下にしたままにしないように、寝返りをうったり日によって横向きの側を変更するなどして少しでも圧迫されている時間などを短くしてあげるケアが大切なのです。

 

また、乾燥しやすい場所でもあり、乾燥していると色素沈着が起こりやすい上、非常に目立ってしまうので、お風呂上りなどに化粧水を使うなどして常に乾燥からお尻の皮膚を守ってあげることを忘れないようにしてください。
一旦できてしまうと完治させるのが難しいお尻の色素沈着は、予防が何よりも大事なのです。

 

デリケートゾーンの色素沈着が気になったら・・・

 

お尻,色素沈着,ケア,難しい

デリケートゾーンというのは、人の皮膚の中でも特に皮膚が薄く、その分色素沈着も起こしやすい箇所であると言えます。

元々、日本人のデリケートゾーンはメラニンの影響を非常に受けやすいとされており、色素沈着を起こしていない状態でも黒ずんでしまっているように見えるのは仕方のないことです。
ですが、それにプラスして普段の生活の中での下着との摩擦や、生理中のナプキンとの摩擦などが原因となって色素沈着を起こしてしまうことになります。

 

もちろん、外部からの摩擦だけではありません。
ホルモンバランスの乱れによって色素沈着を起こすこともあれば、肌の代謝リズムが乱れる・・・つまりターンオーバーが乱れることで色素沈着が起こってしまうこともあります。

 

あまり人に見られるような場所でもありませんが、どうしても黒ずみが気になるという場合には、ケア方法として以下の方法が挙げられます。
例えば、まず摩擦をなくすこと。
きつすぎる、大きすぎる下着はとにかく避けること。1番理想的なのは、ボクサータイプの下着です。これであれば摩擦による色素沈着を避けることができます。

 

そして、生理中のナプキンをタンポンに変更するだけでもホルモンバランスが乱れてしまっている最中の色素沈着を避けることが可能となります。ホルモンバランスの乱れはどうしても避けられないものですが、この最中に起こった色素沈着を避けることができれば、あとは肌のターンオーバーを正常化させておけば色素沈着が悪化せずに済みます。

 

皮膚科でレーザー治療を行うこともできるわけですが、これだと治療に数十万円かかるケースもあり、なかなか手軽に・・・というわけにはいきません。
保険が適用されないことがこれだけお金がかかる理由なのですが、どうしても耐えられないという場合を除き、高額なお金のかかる治療ではなく、普段の生活上における改善からケアしていくようにしましょう。

 

気になる乳首の黒ずみは状況に応じたケアを

 

お尻,色素沈着,ケア,難しい

男性ではあまり意識する人はいないかもしれませんが、女性であればどうしても気になってしまう乳首の黒ずみ。

特に、これまではキレイなピンク色だったのに妊娠した途端黒ずみ出してしまったりすると、余計に気になってしまう人も多いことでしょう。
元々、妊娠する前からピンクではないという人も、自分だけ?と気にする必要はありません。
というのも、日本人はメラニンの影響を非常に受けやすい肌質であり、特に乳首はその影響を思いきり受けてしまう場所だからです。
体質的な問題もありますが、更に乳首の場合は下着との摩擦によって常に刺激を受けている状態であると言えますから、余計にメラニン色素が皮膚を守るために働き黒ずみやすくなってしまうのです。

 

下着の中でも、サイズが合わないものを身に着けていたり、胸を大きく見せるためにパッドなどを詰めていたりすると余計に摩擦が大きくなりますので、黒ずみやすくなってしまいます。
摩擦などによる刺激が常に起こっているとなると肌のターンオーバーが追いつかず、乳首も黒ずみがとれなくなってしまうのです。

 

とはいえ、焦って色々なケアを試すというのも考え物です。
というのも、乳首は非常にデリケートな皮膚であるため、ケアのつもりが余計に刺激を与えてしまうことになるのです。
乳首の色素沈着を改善するのであれば、基本的にはハイドロキノンやビタミンC誘導体を使うことをお勧めします。
ですが、妊娠中や授乳中であれば、これはまた違う方法を考えなければなりません。
妊娠中・授乳中は一層皮膚がデリケートになっているので、ハイドロキノンなどを使うと副作用が出てしまう可能性が高いからです。
妊娠中に黒ずんできてしまった乳首が気になるなら、妊婦専用のクリームなどを使って黒ずみを改善するようにすれば良いでしょう。
ただ、授乳中に関しては赤ちゃんが乳首をくわえることそのものが黒ずみの原因であるとも言えますので、ケアをしても無駄・・・とも言えます。
ただ、それ以上ひどくなることをストップすることは可能ですので、気になってしまうようであればその状況に応じたケアを行うようにしましょう。

 

脇の黒ずみを改善する奥の手はフラッシュ脱毛

 

お尻,色素沈着,ケア,難しい

どんなにムダ毛の処理をしていても、ふと腕を上げたときに脇が黒ずんでいたら、どうしても汚く見えてしまうものです。

ムダ毛の処理はしていて、ムダ毛はないのにどうも脇が黒ずんで見えてしまうのを悩みにしている女性は非常に多いのですが、これは普段の生活の中で服や下着との摩擦が起こったりすることが原因であったり、ムダ毛処理の際の自己処理によってカミソリでの摩擦、毛抜きでの刺激が原因となっていることなどで色素沈着を起こして脇が黒ずんでしまうことがあるのです。
また、最近ではスプレータイプだけではなく、塗るタイプのデオドラントなどもあり、それが刺激となってしまって黒ずみの原因となっていることもあります。

 

脇は体の中でも皮膚が薄い場所ですから、黒ずみもできやすいですし、常に摩擦を起こしていることもあり、できてしまった黒ずみは治りづらくもあります。

 

どうしても脇が気になる場合、まずは脇のムダ毛処理の方法から改善していく必要があります。
同じ摩擦でも皮膚を削り取るようなカミソリでは良くないので、脱毛クリームを使用するほうが良いですし、もっと良いのはお金はかかりますが脱毛サロンなどでフラッシュ脱毛の施術を受けることです。
フラッシュ脱毛は、ブツブツになってしまった毛穴を滑らかにしてくれたり、肌を白く見せてくれる美白効果もある脱毛方法であるといわれており、脱毛しただけで美肌を手に入れられる一石二鳥の脱毛方法なのです。

 

やむを得ず自己処理を行った場合でも、処理後の肌への水分補給と保湿ケアは絶対に欠かさないようにすることも重要です。
汗をかくので乾燥知らずな部位かと思いきや、脇は乾燥しやすい場所でもあるので、保湿ケアを行い乾燥を防ぐということは忘れないようにしてください。

» 続きを読む

  • 2015/10/30 12:47:30

歯の色素沈着はかなり面倒!

歯,色素沈着,面倒

色素沈着・・・と聞くと、自然と“肌”を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

ですが、“歯”はどうでしょうか?
歯も、ステインやヤニなどで色素沈着が起こる場所でもあります。
“そういえば・・・”と思った人も少なくないはずです。

 

とはいえ、歯に着色汚れが付着するというのは、1回2回歯磨きをサボっているだけでできるものではありませんし、タバコをちょっと吸っただけ、ワインなどを毎日飲んでいるだけでできてしまうものでもありません。
上記のような着色汚れの元が付着してもキレイに洗い流せていれば問題はないわけですが、それがちゃんとできておらず、長年経過していくと汚れが蓄積され、その結果歯に色素沈着が起こってしまうわけです。

 

一度付着してしまった着色汚れは、歯磨きなどでは落としきることはまず不可能といって良いでしょう。
目にはツルツルに見える歯も、実は細かく小さなデコボコがあり、そこにステインが入り込んでしまうからです。
こうなると、自分ではどうしようもないので歯医者でホワイトニングをしてもらうしかなくなります。
ヤニなどは最近市販の歯磨き粉などでもある程度キレイに落とせるという商品が出てきていますがこれも長年喫煙を続けている人の色素沈着を落とすのは難しいといえるので、やはり歯の色素沈着は歯医者でケアを行うのが1番です。

 

ホワイトニングの方法にも色々ありますが、そこまで高額でない治療法もありますので、歯医者に相談して時間をかけて落としていくようにしましょう。

 

治りやすいけど黒ずみやすい唇はリップクリームか?頼みの綱!

 

歯,色素沈着,面倒

皮膚が薄く、デリケートな部分であればあるほど、色素沈着が起こりやすい場所であるということになります。

体の中で色素沈着が起こりやすい場所というと、デリケートゾーンや乳首、お尻などが挙げられますが、これらの部位と並んで色素沈着を起こしやすいのが“唇”です。
唇の皮膚が薄く、柔らかい肌質であることはすぐにお分かりいただけると思いますが、だからこそ色素沈着を起こしやすい場所であるということも理解しておかなければなりません。

 

摩擦があまりない・・・と思うかもしれませんが、何かを食べることや飲むことにくわえ、唇をなめるという何気ない仕草1つでも唇には摩擦が起こっていることになるのです。
唇が乾燥したときに、甘皮を噛んではがしてしまったりするのも、皮膚にダメージを与えていることになりますから、色素沈着の大きな原因になるとも言えます。
しかも乾燥しやすい部位でもあるので、色素沈着が起こってしまいやすい条件がそろってしまっているとも言えます。

 

とはいえ、唇にはクリームなどを塗ることや化粧水を塗っておくことは難しいものです。
そこで役立つのがリップクリームということになります。
唇の乾燥を防ぐことで色素沈着を早く改善することができることになるので、まずはリップクリームを季節問わず使うことで、色素沈着が起こってしまってもなるべく早くに治すことができるようになるわけです。
ただ、最近では色付きのものなど、実は唇にダメージを与えてしまっているものも多くありますので、余計な香料などの成分を入れていないもので、尚且つ保湿力の高いリップクリームを選ぶようにすることが重要です。

 

目の周りが黒い?!どうやって改善する?

 

歯,色素沈着,面倒

目の周りの色素沈着・・・というと、クマを一番に挙げる人が多いかもしれません。

ですが、目の周りの色素沈着は、目の下だけではなくまぶたにも起こることがあります。
これは女性に特に多く、アイシャドウやアイプチ、またはマスカラなどのアイメイクを落とす際にメイク落としや洗顔料でがっつり擦ってしまっていることが原因で起こった色素沈着であると言えます。

 

男性でも目の周りに色素沈着を起こすことがありますが、この場合には花粉症や結膜炎などで目に痒みが生じたりして擦ってしまうことなどが原因に挙げられます。
メイク落としや洗顔、痒くて擦ってしまうということになると、目の周りの皮膚が擦られてしまい、摩擦が生じ肌に刺激が与えられ、色素沈着を起こしてしまうのです。

 

皮膚が薄いので色素沈着を起こしやすいのですが、その分美容液などが浸透しやすいため、治りやすいというメリットもあります。
目の周りの保湿を行い、水分をたっぷり与えて乾燥を防いだり、普段からあまり摩擦を与えないようにすることで、治るまでのスピードを一層早くすることができるのです。
顔用の化粧水でビタミンC誘導体が含まれているものであれば、問題なく使うことができますが、あまり濃度の高いハイドロキノンなどであると副作用が出ることもあり肌に刺激を感じてしまうことなどもありますので、使う場合には医師の指示を仰いでから使うようにしましょう。
決して市販のハイドロキノン配合美容液などを勝手に使わないようにしてください。

» 続きを読む

  • 2015/10/30 12:34:30

気になる色素沈着はサプリメント摂取で改善

色素沈着,サプリメント摂取,改善

どんな原因でできたものであれ、できてしまった色素沈着を落とすのには日ごろから色素沈着に効果のある栄養素を摂取しておくことが1番であると言えます。

 

ではそのためにはどんなことをすれば良いのかということになりますが、普段の食生活で意識するのも良いのですが、手っ取り早くサプリメントに頼るという手段もあります。
そのときに積極的にとりたい栄養素が“ビタミンC”です。
化粧水などとして使う際にもビタミンC誘導体が効果的なのですが、体内に取り入れる栄養素としても非常に効果があるのです。

 

色素沈着を除去するのに非常に効果が高く、美白作用が高いといわれているものですが、体内で長時間溜め込んでおくことができない栄養素ですから、日常的に摂取しておかなければなりません。
1度にたくさん摂取すればそのまま摂取した分だけ効果が得られるというわけではないので注意です。
そうなると、普段の食生活で1日3食毎回ビタミンCを意識してメニューを考えるのも難しくなってきますので、サプリメントの方が簡単ですし、必要な量を分かりやすく摂取することができます。

 

また、ビタミンCの摂取を気にするだけではなく、ビタミンAも摂取するようにしなければなりません。
というのも、ビタミンAは肌の代謝に深く関係してくるからです。
ビタミンAが不足してしまうと、肌の代謝の速度が遅くなりますから、その分ビタミンCが頑張って作用し、色素沈着をなくそうとしても改善されるまでのスピードが遅くなってしまうのです。
そのため、ビタミンCとビタミンA両方を摂取するように意識して普段から色素沈着を改善する効果を高めるようにすることが良いと言えます。

 

市販薬を使った色素沈着ケア

 

色素沈着,サプリメント摂取,改善

色素沈着のケア方法というと、ターンオーバーを促進したり、紫外線を浴びないように気をつけたりなどといった方法が思い浮かぶのではないでしょうか?

また、自分でケアできなくなれば皮膚科医で治療を受けるという方法があることを知っている人もいることでしょう。

 

では、市販薬はどうでしょうか?
実は、本来の使用の用途は色素沈着対策ではないものの中にも、色素沈着に効果がある薬があるのです。
もちろん、本来の用途が色素沈着に使うものであるという薬の中にも効果のあるものがあります。

 

人気のある薬の名前を挙げるのであれば、“ハイチオールC”や、“トランシーノ”などがあります。
また、“ケシミン”、“アットノン”なども最近ではシミや傷痕を消すだけではなくちょっとした色素沈着であればなくすことができると口コミで評判のある市販薬になります。

 

それぞれ、ビタミンCやトラネキサム酸などを配合し、肌の漂白を行ってくれるような効果をもつ成分ばかりが含まれているようになります。だからこそ効果を実感できるわけですが、同時に代謝をあげてくれる働きにも期待ができるので、肌も例外なく代謝アップ効果を狙うことができるわけです。

 

最近になって色素沈着を起こす人が増えたというわけではありませんが、美白ブームが定期的にやってくることもあり、こういった市販薬の中には色素沈着を除去することに目的を絞った商品も数多くなってきていますので、商品選びもかなり楽になってきています。

 

それぞれ色素沈着の原因を考慮して、肌に無理をさせない商品を選ぶようにしましょう。
塗る薬、 飲む薬などそれぞれなので、肌質・体質をきちんと考慮して選ぶようにしましょう。

 

皮膚科医で処方される薬にはどんなものが?

 

色素沈着,サプリメント摂取,改善

皮膚科で色素沈着を治療する薬を処方してくれる場合、どんな薬が処方されるのでしょうか?

実は、市販薬でも販売されている“トランシーノ”が処方されることが非常に多いのです。
「だったらわざわざ医師の診察を受けなくても・・・」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、トランシーノ自体、市販だろうが処方されたものだろうが、2ヶ月ほどは継続して飲み続けないと効果を実感できるようにはならないため、何も知らず市販薬で使用すると効果がないと判断して途中で服用をやめてしまう人が多いのです。
反対に、皮膚科医で処方してもらったときには、医師がその旨を説明してくれるので安心して2ヶ月間じっくりかけて使用することができるわけで、この知識の差がまず挙げられます。

 

病院であれば、ハイドロキノンを配合した薬をトラネキサム酸の配合された薬と合わせて処方してくれることもあるのですが、上記のトランシーノよりもハイドロキノンを配合した安心して使える薬をもらうことができるというメリットが最大のものともいえるでしょう。
市販のものは、通常、ハイドロキノンの配合率が低めに設定されているのですが、病院で処方されるものであれば高濃度のハイドロキノン配合率のものが多いので、処方されたときにはまず医師の指示する使いかたをきちんと守らなければならないという注意点もあります。

 

そもそも、皮膚科医にかかるということは色素沈着がよほどひどい状態にあるか、自分でのケアではどうしようもなかった場合、または色素沈着の種類が不明である場合などが挙げられるわけですから、医師に診断してもらって、原因をつきとめ医師が指示する方法で治療を行うようにしましょう。
中にはハイドロキノンを欲しがる人もいますが、医師は全て診断した上で処方する薬を判断するので、医師の指示に従うのが1番です。

» 続きを読む

  • 2015/10/30 12:34:30

アトピーの治療・改善策は色素沈着にも効果あり!

アトピー,治療・改善策,色素沈着,効果

アトピーの場合、シワができてしまったり、肌がかさついてしまったり、粉が噴いてしまったり、また色素沈着が起こってしまうというのも問題の1つになります。

この色素沈着ですが、アトピーの場合肌に傷がつき、それが何度も繰り返されることが多いので“消すことを諦めている”人が多いのが実情です。
ですが、本当にアトピーが原因でできてしまった色素沈着は消せないものなのかといえば、必ずしもそうではありません。
消せない、繰り返してしまう・・・というのは、皮膚の状態を隠そう、隠そうとすることで余計に汗をかいて蒸れてしまったりして状態が悪化してしてしまうことも原因の1つですので、まずはアトピーの症状を悪化させないように努めないといけません。

 

色素沈着そのものを薄くするためのケアですが、これに関してまずいえることは“保湿”を忘れないことです。
アトピーの人は基本的に乾燥肌です。
つまり、肌に水分が足りていないわけですから、その水分を肌に補給し、水分が外部に逃げてしまわないようにフタをしなければなりません。
ですが、ただ保湿するだけではなく、アルガンオイルなどを使って皮膚を柔らかくする効果をプラスしてあげると、乾燥して硬くなった皮膚が柔らかくほぐされ、新しい細胞に生まれ変わりやすくなるのです。

 

とはいえ、これはアトピーの基本的な治療法・改善方法と同じであると言えます。
ですが、この正攻法が最も良くアトピーからくる色素沈着に効果があるのです。
もちろん、食品に気をつけて中でもあまり甘いものは食べないようにするなどといった食生活に関する改善策を行うことのほか、細胞を生まれ変わらせる効果や粘膜を強くする効果のあるビタミンB2を摂取するなどといった点に配慮すれば、アトピーの症状が抑えられてくるようになり、同時に色素沈着も改善されていくでしょう。

 

ニキビ跡が色素沈着になってしまった場合

 

アトピー,治療・改善策,色素沈着,効果

ニキビが原因でできてしまう色素沈着は非常に厄介です。

紫がかった茶色、赤っぽい茶色に残ってしまったニキビ跡はありませんか?それが、ニキビが原因でできた色素沈着ということになるわけですが、皮膚の薄い顔にニキビ跡の色素沈着ができてしまうと、かなり目立ってしまうようになるので、できれば顔にはニキビ跡による色素沈着は残したくないものです。

 

ニキビが必ずしも色素沈着につながってしまうわけではありませんが、潰してしまったり、痒みがあってかいてしまったり、ニキビができている最中に日焼けをしたりするときれいに治すことが難しくなり、色素沈着を起こしてしまうことになります。

 

こんな厄介なニキビによる色素沈着ですが、実は治すのは意外と簡単で、自宅で行うケアの範疇で治療することができるのです。
美容液や化粧水などで完全に消すのは難しいといわれていますが、ピーリング石鹸やピーリングジェルを使って角質を取り除き、肌のターンオーバーを促進することや、紫外線を浴びないように、肌に吸収させないようにすることが重要なケアとなります。

 

あまりにもひどいときには、皮膚科医においてケミカルピーリングを行ったり、レーザー治療を行うこともでき、ニキビのあとであれば小さなものなのでそこまで高額な治療費もかかりませんが、基本的には肌の代謝だけアップさせてあげれば深い色素沈着でない限りは消すことが可能と言えます。

 

このようにニキビ跡にできる色素沈着対策としては基本的にはいきなり皮膚科に行くのではなく自分でケアを行って見て・・・というのがお勧めの方法になります。

 

ホルモンバランスが乱れる妊娠中の色素沈着について

 

アトピー,治療・改善策,色素沈着,効果

ホルモンバランスは、体調だけではなく色素沈着に関しても影響を与えるといわれています。

1番分かりやすいのは、妊娠したときです。
これまではピンク色だった乳首や、きれいだった脇が、妊娠したことで段々と黒ずんでいく・・・。
これは、実はホルモンバランスが招いているものなのです。
つまり、ホルモンのバランスが普段とは違う状況になることがそのまま色素沈着を起こしてしまう原因になるわけです。
妊娠中は、普段よりもプロゲステロンホルモンというホルモンの分泌が多くなってしまいます。
このプロゲステロンホルモンが問題なのです。
何故なら、プロゲステロンホルモンはメラニン色素の働きを活発にさせてしまう働きを持っているからです。
そんな働きを持っているプロゲステロンホルモンが増えてしまえば、自然と元々メラニン色素の影響を受けやすい乳首や脇、デリケートゾーンは段々黒ずんでいってしまうようになるものなのです。

 

とはいえ、胎児が胎内で健やかに成長していくにあたりプロゲステロンホルモンは欠かせない存在でもあります。
そのため黒ずみが起こるというのは胎児が元気に成長している証拠でもありますし、ホルモンバランスの乱れが原因で起こった色素沈着はホルモンバランスの乱れが正されれば自然と治ることも多いので、そこまで厄介なものとする必要もないといえるでしょう。
とはいえ、必ずしも完全に元に戻るというわけでもありませんので、美白ケアなどが必要になることもあります。
妊娠中は肌が敏感になっているので、成分に注意して使うか、もしくは出産が終わってから使用するなどして、肌をいたわってあげるようにしましょう。
妊婦さん用の色素沈着ケアグッズも多数販売されていますし、これであれば妊娠中でも使うことができますから、妊娠中から使うのであればこういったものを選ぶことをお勧めします。

 

ムダ毛処理が原因の色素沈着はどうケアする?

 

アトピー,治療・改善策,色素沈着,効果

私たちの生活の中で、色素沈着を起こしてしまう原因になりうることというのは非常にたくさん溢れていると言えます。

服での摩擦、膝立ち、足を組むという何気ない動作ですら、色素沈着の原因になってしまうくらいなのです。

 

そういった行動の1つ1つが普段の生活内での色素沈着の原因と受け取られるのですが、そこにもう1つ・・・。
ムダ毛の処理というのも、色素沈着を起こす大きな原因として加えておくことを忘れてはいけません。

 

クリニックや脱毛サロンで施術を行ってもらって脱毛するというのであれば、基本的には問題はありません。
腕の悪いクリニック・サロンで施術を受けた場合、ヤケドをしてしまうこともあるので、この場合にはヤケドが原因で色素沈着を起こすこともありますが、これはまたレアケースともいえるので、今回は省くことにします。

 

問題なのは、自己処理です。
自己処理というと、カミソリを使って剃ったり、毛抜きを使って抜いたりという処理が主なものになりますが、カミソリで剃っている間肌にはカミソリの刃との間に摩擦が生じ、これを日常的に繰り返すことで色素沈着を起こすこともありますし、毛抜きで抜いてしまうとなると誤って皮膚をはさんでしまったことで傷がつき色素沈着を起こしたり、無理に毛を引っ張ることで皮膚が刺激を受けてしまい色素沈着を起こしてしまうということもあるわけです。

 

こういったムダ毛の自己処理で起こってしまった色素沈着は、気づかないうちに段々と悪化していくケースが多々あります。
ケアとしては、水分を補給し、保湿をして肌に潤いを閉じ込めることで肌の代謝を良くしてターンオーバーを促すということ。
これによって、できてしまった色素沈着をできるだけ早く治すことが可能となります。
また、繰り返さないためにはカミソリや毛抜きなどの方法でムダ毛処理をしないことです。
サロンやクリニックでフラッシュ脱毛を行うことでも美肌効果のあるフラッシュ脱毛は色素沈着を薄くする効果もありますし、毛穴を目立たなくしてくれる効果がありますのでつるんとしたキレイな肌づくりにも役立ってくれます。
サロンなどに通うほどお金は使えない・・・という場合には除毛クリームなどを使って肌にできるだけ摩擦を与えない方法をとるのも1つの手です。

 

こういった方法でケアや予防を行うこと、自己処理に気をつけることでムダ毛処理が原因で起こった色素沈着は治療していくことができます。

» 続きを読む

  • 2015/10/30 12:25:30